「#げんき食」タグアーカイブ

児童福祉施設向け専門誌 こどもの栄養 5月号出版されました

mamaful代表隅が連載記事を担当しております、こどもの栄養5月号が出版、発売されました。

こどもの栄養2018_5月号 こどもの栄養2018_5月号目次

今号では 成長と発達を見守り食べるちからのの向上を をテーマにしました。

新入園、進級などまだ新しい環境に慣れていないお子さんもいらっしゃるかもしれませんね。そんな変化富む時期は家庭の中でお子さんの安らぐ場所をつくってあげてほしいと思います。

公益財団法人 児童福祉協会

【講師登壇】第3期こども成育インストラクター こどもの健康食育

こども成育インストラクター3期全体写真

日本こども成育協会 食専科ディレクターとして従事しております第3期こども成育インストラクター こどもの健康食育講座に 登壇いたしました。

仕事・自分・まわりの声といった育児に関する経験とともに理論を添える内容として「こういうことはどうかな?」とママに寄り添ったアドバイスが伝えられるようにという思いで約5時間ほどお話いたしました。

受講生同士でのワークではたくさんのケース検証や体験などを共有できる場はみなさんにとっても貴重な時間でしたね。

帰宅後にふと思ったことですが おかあさんといっしょ という長寿番組がありますが私の役割も同じであるような仕事をしたいとふと思いました。

おかあさんといっしょ に子育ての日々に寄り添うmamaful

管理栄養士だから、先輩ママだから ではなく同じ目線でそっと支えてあげられるようなインストラクターを育成することに全力登壇のエネルギーのもとです。

【雑誌連載スタート】児童福祉施設向け専門誌 こどもの栄養 

2018年度より児童福祉施設向け専門誌である「こどもの栄養」にて毎月連載記事を執筆させていただくことになりました。

こどもの栄養2018_04表紙 こどもの栄養目次2018_4

この雑誌は一般書店にて販売されておらず、公益財団法人児童育成協会さまにて購読可能です。

そうそうたる執筆者の中ではありますが、私ならではの視点をもって言葉を届けられたらという思いで担当させていただきます。

年間タイトルは「保護者支援のために げんきをつくる食卓」です。

こどもの成長・発達は食べたものからできている

とはいえ、食べたものという言葉の意味には単に栄養素や量の問題を指すものではありません。「食事」「食行動」といった視点も大切であるため、様々な日常生活の中でげんきを育む機会へのヒントなども記事に書いていくつもりです。

 

第2期こども成育インストラクター講座試験日でした

一般社団法人こども成育協会第2期こども成育インストラクター<食専科>が6日間、のべ約2ヶ月にわたる講座が終了しました。今回受講された方はそれぞれの事情で最後の試験まで受験された方がぐっと減ってしまいましたが、プレゼンの授業の濃密さはきっとスキルアップしたこと、間違いないですね。

最後のプレゼンの試験の試験監督して試験に立ち会わせていただきました。合否については協会にて判断されると思いますが、素敵なこども成育インストラクターが増えますように・・・

試験終了後は担当講師がかけつけお茶会として資格取得後の思いなどや今後の協会の展望などを語らいました。

みんなほっとした笑顔が溢れています^^

IMG_2898

続いて第3期が来年に開講です。

引き続き大人の健康食育、及びこどもの健康食育に登壇させていただきます。

一緒に未来を担うこどもの食の力をぐんぐん育むことを広めていきましょう。

スクリーンショット 2017-11-14 23.49.23