「#絵本から食育」タグアーカイブ

【絵本から食育】もぐもぐがじがじ

食事をしているときってたくさんの擬態音で表現できること、知っていますか?この本はとてもシンプルな内容ですが、絵本から楽しみながら食事をしている光景が目に浮かんできます。

もぐもぐがじがじ_表紙

福音館書店にて出版されている「もぐもぐがじがじ」という絵本です。作者は中野明美さんは保育士さんだそうです。

実際の園の食事の風景を基にして作られたようで、みんなと食べるとさらに美味しいね が溢れています。

みなさんのおうちでは食事のとき、どんなもぐもぐの音、表現していますか?

がじがじっていう表現以外にもたくさんこどもが引きつけられる音が響いているのではないでしょうか?お母さんの直感でもいいのでいっしょにたべものがお口の中で動いている様子を表現してみましょう。

そして大切なポイントをひとつ。最後のことばは「ごっくん」まで語りかけてあげてくださいね。

食べものを口の中にためる こどもが増えている??

平成27年乳幼児栄養調査(厚生労働省)にて「現在子どもの食事で困っていること」(回答者:2〜6歳児の保護者/複数回答)をみると2〜3歳児未満のお子様を持つ保護者の約10人に一人(11.0%)で食べものを口の中にためる という回答がありました。離乳食期では「ゴックン期」「もぐもぐ期」など食べる様子をあらわした時期を経て幼児食期にうつり、お子さんの食べる様子は変わりましたか?「もぐもぐしようという声がけはやっています」というお母さん方は比較的多いようですが、その後の声がけをしていますか?お口のいれたらおしまいではなく、食べたものはお口に入ってからがスタート。食べものを次のポイントとなる胃まで送り届けるところまで支援は続けてあげましょう。もぐもぐの後のバトンタッチとして「ごっくん」をぜひ付け加えてくださいね。「ごっくん、上手にできたね」とニッコリかえしてあげれば自然ととびきりかわいいスマイルをお母さんに返してくれることでしょう。

【参加者ママ募集中】「もぐもぐ、ごっくん 絵本の世界」

食と遊びはとても深いつながりをもてる内容です。とくに食に関してお悩みがあるママにとっては遊びの時間での「食」に関する絵本をこどもと一緒に読み聞かせすることで問題の解決につながるチャンスがたくさんあります。今回は絵本の読み聞かせの先生とのコラボ企画。本の中に登場する様々なお料理を実際に作ります。

今回は「かぼちゃ」をテーマにしたお料理の数々。この連続講座の第二回目の調理実習を担当します。

場所は、大和市文化創造拠点シリウス。

同じ建物にはボーネルンドの遊具なども楽しめたり、こどもの笑顔がたくさんうまれる図書館も併設された複合施設なので学びのあとの時間はゆっくりと一日かけて遊べるくらいの施設です。

今回は大和市民以外の方の募集もはじまりました。

詳細・お申し込みはホームページにてご覧くださいね。

http://yamato-bunka.jp/learning/2017/002306.html

—————————————–

もぐもぐごっくん絵本の世界

「もぐもぐ、ごっくん 絵本の世界」

第1回 絵本の読み聞かせについて学ぼう:2月23日(金) 10時~12時

第2回 絵本のなかの料理をつくろう: ※調理実習あり3月2日(金) 10時~12時30分

・持ち物筆記用具、お子さんに読んでいるもしくは好きな絵本1,2冊

・料金800円(全2回分)

・お申込み1月27日(土)午前10時から

受付開始電話(046-261-0491),または6階生涯学習センター窓口にて受付

・お問い合わせ生涯学習センター電話.046-261-0491

講座名が決まったようです。大和市文化創造拠点シリウス

先日試作及びチラシ用写真の撮影をした絵本の読み聞かせと食のコラボ講座のタイトルが正式に決まったようです。

「もぐもぐ、ごっくん 絵本の世界」

とってもステキ。mamafulが常に描いている親子の食事の姿・光景としてもぐもぐ、ごっくんをとても重視していることがタイトルに反映されていました。チラシが鋭意作成中だと思います。チラシがまた出来上がりましたらHPでも公開させていただきますね。

かぼちゃおやつ

絵本の世界から食をみつめる大切さを育む

1217ba59225e3ab020741e39509f4a58_s

昨日はお打合せの日。

「(仮)絵本の読み聞かせ&お料理再現」の講座を来年3月に企画・運営することになりました。

場所は神奈川県大和市。昨年からオープンした「シリウス」。

同じ建物に図書館もあり絵本×食の可能性がひろがったお打合せでした。詳細が決まり次第HPでもご案内していきたいと思います。

食事の悩みを解決するのは食卓だけではありません。むしろ食卓以外のふだんの遊びによって解決することが多いくらい。

買い物、絵本、ごっこ遊び、お友達との食事・・・ママとお子さんだけのスペースだけにとらわれずいろいろ絡めて楽しさを育んでほしいと思います。

何よりも「これ、知ってる!」「わかる!」という発見を・・・